関 喜幸 せきよしゆき

【関さんの主張】
稲作を中心に、そば・玉ねぎ・ゴマ(金)を栽培しています。
稲作は、主に5月、9月が大忙し。
アルバイトはもちろん、兄弟、親戚、子供達(もう成人してます)も手伝ってくれて、大賑わいです。
筑波山、宝鏡山を眺めながらの農作業は、疲れた身体を心身共に癒してくれます。
そば・玉ねぎ・ゴマは、おじいちゃんとおばあちゃんが手作業で仕上げます。
そばは全身真っ白になりながら、そば粉をふるい、玉ねぎはみがきあげ、ゴマは老眼鏡をかけ、ゴミを拾っています。
消費者の皆様に、より安心・安全で美味しい農産物を提供出来る様、日々励んでおります。

【栽培へのこだわり】
①減農薬栽培(県の基準よりはるかに少ないです。)
②30年近く有機肥料のみを使った圃場で栽培しています。
   堆肥を使った圃場でも栽培しています。
③土壌改良剤を毎年使ってます。
④低温倉庫による保存で年間を通して美味です。

品名販売期間
米(コシヒカリ)通年
米(夢ごこち)通年
米(ミルキークィーン)通年
米(恋しぐれ)通年
そば粉通年
ゴマ(金)11月~
玉ねぎ6月上旬~9月中旬
赤玉ねぎ6月上旬~9月中旬