農産物直売所 みずほの村市場
logo.gif(3591 byte)

みずほの村市場「水戸店」第1回公開放射線測定会と
放射線の勉強会のお知らせ

  つくば市において『「農業者の自立」と「生活者との信頼と共生」』を理念に21年目を迎えた農産物直売所「みずほの村市場」を運営する農業法人みずほが、11月19日に水戸市に新たな店舗をオープンします。
  つくば店においては、原発事故による農産物の放射能汚染を受けて、リスクの高い全品目の放射線量を測定しています。水戸店においても同様に放射能検査を実施していきます。
そこで、11月12日(土)に事前に全農産物のスクリーニング検査を行い、安全性を確認します。また、出荷予定の農業者や一般公募した消費者にも公開で実施します。
  現在県内の原木シイタケや栗などにおいて放射能が検出されており、国の暫定規制値の信頼性が揺らぐ中で、風評被害が治まらない状況が継続しています。
お時間がある方はぜひ、ご参加下さい。
● 期日 平成23年11月12日(土)
● 時間 午前9:30受付〜  10:00〜12:00頃
● 場所 みずほの村市場「水戸店」内  水戸市河和田町4382-26
● 内容 10:00〜10:30「農産物の放射能汚染の現状とこれからの課題」みずほ高橋広樹
11:00〜11:45「放射能と生活」茨城大学高妻孝光教授
同時並行で、野菜の放射線測定を実施
● 参加費 無料
●参加申込 (先着20名様)みずほのホームページから
● 測定費 無料