農産物直売所 みずほの村市場
平成23年3月20日
お客様各位

福島第一原子力発電所事故に伴う県内農産物への放射線の影響について

  今回の大震災の被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
  さて、昨日19日に政府により、茨城県内の6市町村のホウレンソウから、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性ヨウ素などの放射性物質が検出されたと発表されました。
  政府は今回の原発事故により、食品衛生法に食品の放射能汚染を規制する基準がないため、厚生労働省は政府の原子力安全委員会が示した「飲食物摂取制限に関する指標」を暫定的に採用しました。これを受けて、福島県と茨城県がそれぞれサンプル調査を実施したのです。現在、県内の全てのホウレンソウの出荷自粛が求められています。
  しかしながら、今回の調査結果で,最大1万5千Bq(ベクレル)/kgのホウレンソウがありましたが,これは仮に1年間,日本人の年平均摂取量で摂取し続けた場合でもCTスキャンによる被ばく線量の約1/5程度であり,健康に影響があるものではないといわれています。

  放射線の専門家による意見も下記の通りです。

  放射線医学総合研究所(千葉市)の吉田聡・環境放射線影響研究グループリーダーによると、このホウレンソウの数値を人体への影響を示す単位である「シーベルト」に換算した場合、0.24ミリシーベルトになる。
  人体に影響があるのは一度に100ミリシーベルトを受けたときとされており、小鉢一人前のホウレンソウを100グラムと仮定すると、今回のホウレンソウは4200人分を口にしないと人体に影響を及ぼさない計算になる。
  吉田リーダーは「妊婦や子供など、放射性物質の影響が大きいとされる人たちについても、摂取しても問題がないレベルだ」と冷静な対応を呼び掛けている。
  同様に、ホウレンソウから検出されたセシウム524ベクレルを、シーベルトに換算すると0.0068ミリシーベルトになるという。吉田リーダーは「この程度が人体に入っても、まったく影響はないと考えていい」と話す。
  環境放射能・放射線に関する分析専門機関「日本分析センター」(同)の森本隆夫理事は「空から降ってきた放射性物質は、水で洗えば落とすことができる。水洗いをして食べれば、ほとんどが落ちてしまうだろう」と指摘。吉田リーダーは、「放射性物質がついているかもと気に病み、偏食になる方が体に悪い」と話している。(産経ニュースより引用)

  今回の件は明らかに過剰な反応であり、県の出荷自粛要請は暫定規制値を超えていない可能性の高い県南部のホウレンソウにまで及んでおります。さらに、大手スーパー等との取引のある生産者の中には既に茨城県産というだけで取引停止に追い込まれてしまっている状況になってしまっています。
  「みずほの村市場」としましては、食の安全にはJGAP(適正農場管理基準)による管理を行う中で残留農薬検査の実施などを行い、安全な農産物を提供するために努力を積み重ねてきました。しかし、今回の県内産ホウレンソウの出荷自粛要請は不合理極まりないと判断し、つくば市産ホウレンソウを継続して出荷販売しております。 消費者の皆様におかれましては、是非とも、正確な情報に基づき冷静に対応して頂くことをお願い申し上げます。
みずほの村市場